アニマル・コミュニケーションお問い合わせ&申し込み

家族でもあるコンパニオン・アニマル(ペット)と話がしたい、気持ちが知りたいという方へ、

ハッピーラブ・アニマルコミュニケーションでは、『アニマルコミュニケーションをご自身で習得して欲しい』という事をメインに考えており、毎月の体験会(勉強会)から、本格的に学ぶアニマルコミュニケーション講座までレベルに合わせたプログラムをご用意しております。

まずは毎月の体験会(勉強会)からのご参加も大歓迎です。
家族でもあるコンパニオンアニマル達と会話を一緒に楽しんで体験していきましょう♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

●お問い合わせ:上記コンタクトフォームからお問い合わせいただくか、下記メールアドレスまでメールにてお気軽にお問い合わせください。

doubutsutohanasou@gmail.com

★ローマ字で、動物と話そう@gmail.comです。

何なりとお気軽にご連絡ください♪

●申し込み方法

メールまたはコンタクトフォームよりお申し込みください。
お申し込み後の流れ、お支払いの方法等の詳細をご連絡いたします。

******

アニマルコニュニケーションとは、テレパシー(言葉、イメージ、映像、直感、感覚、聴覚、臭覚など)を用いて動物との関係を深めるための手法です。

動物達は人間のように言語を持たない代わりにコミュニケーションの方法として、ボディランゲージやアイコンタクトをしたり、テレパシーを使ってコミュニケーションを取っています。

テレパシーというと難しく感じるかもしれません。その様な能力は自分にはないと思いがちですが、本来は誰もが持っている能力なのです。

虫の知らせや、第六感と言われるのもテレパシーと同じですし、誰にでも直感的に思った事が思った通りに「やっぱりね、勘が当たった」といった経験はあるのではないでしょうか?

例えば、ある人の事を思い出し「どうしているのかな?メールしようかな』などと思っていたら、その人からメールが来たといった事もそうです。

動物とのコミュニケーション、アニマルコミュニケーションは特別な人だけができる特殊な能力ではありません。本来は誰もが持っている能力なのです。

ただ現代の生活の中で頻繁に使う事もなく、埋もれてしまい退化してしまっているだけなのです。

直感力もテレパシー能力を高めていくことも私達には可能な事ですし、アニマルコミュニケーションは、誰もが学んで練習する事で、その能力を高めて行く事が可能です。

アメリカやイギリス等では、ペットカウンセラーやドッグトレーナーとアニマルコミュニケーターが協力しながら問題を解決しているケースも多いです。

日本でも、獣医師さんがアニマルコミュニケーションを活用したり、動物病院にアニマルコミュニケーターがいるケースもあります。

アニマルコミュニケーションは、動物達と意思の伝達を行い、信頼関係を築く新たな手段です。

動物も人と同じように感情や言葉、魂を持っています。動物達が何を感じ、何を思っているのか、今幸せなのか?

ハッピーラブ・アニマルコミュニケーションでは、アニマルコミュニケーションを通じて、動物と飼い主さんのお互いの想いを伝え、
お互いが更に理解をし合い、より強い愛情に結ばれ、飼い主さんも、動物達も、お互いがより幸せになることを目的としています。

アニマルコミュニケーションは、イメージや感覚、映像などで伝わってきたものを日本語に言語化しています。

会話はコミュニケーターの言葉を使って日本語で表現しているので、コミュニケーターの表現によっても言語化する際に変わってくる可能性もあり、普段の印象と若干の違和感がある場合があるかもしれません。

アニマルコミュニケーターにお願いしてコミュニケーションを取ってもらうのもひとつの方法と思いますが、自分で愛する動物達の想いを感じたり会話をする事も練習すれば、それももちろん可能なんです。